アレルギーでもシミを消す方法はある

アレルギー
アレルギー体質ですと使う事が出来る化粧品も限られてしまうので敏感肌以上にお肌へのケアって結構気を遣ってしまうものですよね。

 

そしてやはりこちらの肌質もシミが気になる…という方結構多いでシミトラブルは全肌平等に起こるものだなと痛感するものです。

 

そんな困ったアレルギー肌のシミの有効なケア方法をまとめてみました。

 

アトピー・アレルギーの皮膚炎跡は色素沈着を起こしやすい

アトピー性皮膚炎やアレルギー性の皮膚炎を持っている方って実はかなりシミへのリスクが大きいです。これが何故かと言えば、敏感肌と同様に肌が弱い分紫外線に対する防御力も薄いのでメラニン色素を刺激させやすいという部分があります。

 

更に恐ろしい一面と言えば、皮膚炎というくらいですから炎症を起こして爛れてしまった箇所がかさぶたとなりキレイに治ればそれでいいのですが…ここに紫外線が入り混む他に摩擦や刺激、また同箇所に新たに炎症トラブルを起こしてしまう事によって、色素沈着を非常に招きやすいのです。

 

こうした状況下であれば、通常は美白化粧品を用いてケアを行う事が一般的ですが、ここまで過敏な状態の肌質であれば一筋縄ではいかないものですよね。

 

とりあえず評判の良い化粧品を使ってみても「滲みてとてもではなくて使う事は出来なかった」という経験談を言う方も居る程です。

 

もはやこうなってしまえばお手上げ状態! なんて感じてしまうものですが、実はアレルギー皮膚炎にはアレルギー皮膚炎のシミケア方法があるのです。
その点について事項でしっかりと解説していきましょう。

 

アトピーや・アレルギーでもシミを消す事が出来る

気になる
結論を言ってしまうと、キレイさっぱり「初めからその箇所に無かったかのように」色素沈着やシミを消すのは自力では不可能に等しいです。

 

ですがこの確証も100%ではないので「絶対に自力では消えない」と断言出来ない部分もあります。ただし肌深層に起きたトラブルなので、それだけ自力ケアでは時間もかかってしまう事を充分に理解すべきですね。

 

また、実はアトピー性皮膚炎の炎症後色素沈着のシミ化は少し特殊で、メラニン色素が皮膚の第二層、真皮まで陥没するように入り込んでしまうという特徴があるからこそ治しにくいと言えるのです。

 

通常メラニン色素は、第一層部位、表皮の最も下にある基底層にある細胞ですが、皮膚に炎症を起こした状態ですと表皮自体がグズグズになってしまうので、第二層の真皮まで陥没してしまい、簡単に治す事が不可能なシミへと代わり果ててしまうのです。

 

だからこそ自力ケアでの消滅は難しい・キレイさっぱり治る確証も100%ではないと結びつける事が出来ます。こういった場合完全にシミを無くすとあれば病院でレーザー治療を受ける他ありません。

 

ですが、自力でもいくらか改善する事は出来ます。その方法とは…

  1. 飲み薬でのケア
  2. 無添加化粧品などをアレルギーOK化粧品を用いたケア
  3. ビオチン療法に頼ってみる

この3つが有効な手段だと言えますね。

 

飲み薬で体内から改善を試みる

体内の改善

皮膚の弱い敏感肌の方にもオススメ出来る手法と言えば、飲み薬でのケア。

 

これはアトピーをはじめとするアレルギー性皮膚炎を持つ方にも推奨出来るケア方法ですね。実際に病院で飲み薬を処方してもらう事も賢明な手段ですが、日常的に飲むからこそ第三医薬品なども有効ではないのか? と、考える事も出来ますね。

 

また飲み薬でのケアの最大のメリットと言えば、全身のシミ・色素沈着に直接的にアプローチするところが何よりもの強みでしょう。
また、こういった皮膚炎を持つ方と言えば全身に分布している事が多いものですからね。だからこそ有効な手段だと言う事が出来ます。

 

無添加化粧品やオーガニックコスメを用いた保湿ケア

皮膚炎を持っている方でも当然、スキンケアは大事だと言えます。けれど「使うものも限られてしまって困る」という部分がかなり辛いところですよね。

 

保湿自体はシミへの直接的な改善には繋がらないものですが、お肌を潤いを与える事によって幾分か肌を強くする事は出来ます。当然1日2日で改善される問題ではありませんが、それでも肌は28日周期で生まれ変わるので、大凡1カ月2カ月と見れば少なからず変化はもたらす事が出来る筈です。

 

そこで用いるのであれば、やはり低刺激性のもの。また、無添加のものやオーガニックコスメなどの方が余分なものも入っていないからこそ好ましいと言えるのではないでしょうか。

 

馬油がなかなか良いと評判

ネットの口コミなどを閲覧していると「オーガニックコスメでもこれは粗悪だからやめた方が良い」「効き目は穏やか過ぎて3カ月半年しないと効果がなかなか変わらない」なんてネガティブな意見も見受ける事が出来るものですが「これは割と良い」と皮膚炎持ちの方に馬油がなかなか高評価です。

 

馬油と言えば、名の通り馬から取れる油。古来より火傷や切り傷の治癒にも良いと薬効効果があるとされて使われてきたものですからね。

 

また美白美肌作用が認められているという部分も大きいでしょう。

 

最近では200円台〜と、かなり格安販売されているものもあります。しかし、「安くスキンケア出来るかも?」なんて思う方も居るでしょうが、やはり購入するのであれば裏の成分をきちんと見て純度の高いものを選んだ方が賢明と言えますね。

 

安いものの中にはエタノールなどの揮発性のあるアルコールが含まれている事もありますので要注意です。馬油自体数年前一時期流行りましたが、人気が出るとそれだけ粗悪なものも出やすいです。値段に惑わされず成分表記を必ず見てから選ぶようにしましょう。

 

話題のビオチン療法

ビオチン療法

これは飲み薬と同分類で体内からのケアとなりますが、家庭で出来るアトピー性皮膚炎・シミ改善方法でここ最近ビオチン療法というものが注目されています。

 

ビオチン療法とは…ビタミンB7(これをビオチンと呼びます)とビタミンCを同時に摂取する方法です。

 

ビオチンには美白・美肌効果がある他に、皮膚の健康には必要不可欠なDHAの生成を促す効果があるので、皮膚炎の方ほど必要な栄養素だと言えますね。

 

そしてビタミンCはシミそのもの自体を薄くする効果が認められています。

 

この方法、ビオチンを5mg、・ビタミンCを350mg。これを1回として1日に3回飲むという方法なのでそこまで難しくない上、継続しやすい事が最大のメリットだと言えますね。

 

療法というくらいだから心配な副作用

やっぱり心配になってしまう事と言えば副作用。

 

ですが、このビオチン療法実は副作用がありません。

 

間違えて過剰摂取をしたとしても不要分で尿の色が変わるだけで人体には影響ナシと安全に出来る方式なので、注目される事も尚の事理解出来ますね。

 

ですが一つだけ注意事項があり、アルコール類や卵白、乳酸菌と同時摂取をしてしまうと、ビオチンの吸収を阻害してしまうので、食事面と食べ合わせには充分に注意する必要があります。

 

また、ビオチンが吸収される場所は腸内なので、腸の健康も同時に整えた方がより吸収効率がアップします。

 

まとめ 肌質上、シミケアは体内からを優先。絶対にスキンケアは無理をしない

アトピーをはじめとするアレルギー性皮膚炎をお持ちの方って本人がいかに元気であろうと、肌は決して健康な状態ではありませんからね。

 

その分気を回す事は沢山あるものですが、敏感肌以上の不健康な状態であるからこそスキンケアにおいては通常の潤す保湿ケアとUVケアだけで充分と言えます。

 

主に重要なシミケアと言えば、やはり体内からの改善ですね。

 

やはり健康的でシミの出来にくい皮膚を作るという意味で、体内からの改善が最も重要だと改めて理解出来るのではないでしょうか?