日焼けでできてしまったシミを消したい!

日焼け
いつも紫外線ケアはしっかりとしているのに、UVクリームの塗り忘れがあってうっかり焼いてしまった…なんて経験ってありませんか?

 

うっかりミスは誰にだってありうる事です。だからこそ、身近に潜むシミリスクだと言う事が出来ますね。

 

もしも「うっかり焼いてしまった」「シミになってしまった」なんて場合どのように対処すべきか? いざという時に困らない対策術をまとめてみました。

 

そもそもどうして紫外線ダメージでシミになる?その理由とメラニンの知識

 

紫外線ダメージは浴びた分だけシミリスクに繋がる。

 

こんな事は誰もが存じてるものですが、どうして紫外線を浴びるとシミに繋がるのでしょうか。

 

この理由を簡略的に説明すると、シミは肌深層にあるメラニン色素と密接な関係を持っています。

 

日焼けをする事によってこのメラニン色素の働きが活性化され、時間を経てシミとして現れるものです。

 

…シミになる、肌が黒くなる。ネガティブなイメージしか持てないメラニン色素ですが、実はメラニン色素って紫外線から肌を守る為に黒化しているのです。

 

もしも私達人類の身体にメラニン色素が存在しなかった場合、紫外線は皮膚の奥深くまで突き刺さって、炎症や水ぶくれと陽に当たるだけで火傷を起こしてしまいます。

 

また、更に話を飛躍させてしまうと、メラニン色素が無ければDNAを安易に損傷するので、皮膚がんになる他にも恐ろしい病気を引き起こす可能性が非常に高いのです。

 

だからこそ無くてはならない存在だと断言する事が出来ますね。

 

なのでシミになってしまったという場合、それは「身体を守る為に残った傷跡」と言う事も出来るのです。

 

ですが、あるだけで老けて見えてしまう上、嫌な存在ですね。

 

また健常な肌であれば、メラニン色素は新陳代謝によって勝手に排出されてシミにならないものですが、20代中盤ほどから新陳代謝は徐々に低下するもの。

 

だからこそ30代・40代と歳を重ねる毎にシミに悩む方が増えるのです。

 

日焼け跡のシミに有効な手段

 

出来てしまったシミは消しにくい。もはや常識的な事ですが、未だ出てきたばかりの薄いものや潜伏するものは薄くする事は可能です。
そこで重要なケア方法と言えば…

  • 美白化粧品を用いたケア
  • 飲み薬でのケア です。

美白化粧品はどんなものを選ぶと良い?

美白化粧品
美白化粧品には様々なものがありますが、最近では試供品やトライアルセットをお試し価格で購入する事も出来る化粧品ショップもあるので試しながら自分の肌に合ったものを探す手段が賢明だと言えますね。

 

やはり肌も人それぞれ違うものなので、「この美白化粧品がかなり効く!」とは言っても、100人使って100人に効果があるという事はまずありえません。

 

また価格帯にも注目です。確かに高品質な有効成分が配合されたもの程高価な傾向があるものですが、これから継続使用していくものです。

 

やはり化粧品は指定量以下をケチケチと使えば大した効果も得られないので、惜しみなく使う事が出来る価格帯のものを使った方がいいですね。

 

飲み薬はどう選べば良い?

 

うっかり焼いた日焼け跡から出始めたばかりのシミって実は飲み薬で改善出来る可能性がかなり高いです。

 

しかし飲み薬と言えば、ドラッグストアやネットショップで販売されているシミ用第三医薬品だけではなく、皮膚科などでも処方してくれる医薬品などもあるので、どういったものを選べば良いか戸惑ってしまうものですよね。
早い手段としてはやはり、専門家である医師に診てもらう事が一番とは言えます。

 

また、焼いてしまった段階で皮膚が炎症を起こして痛みを持っているなんて場合は追々のトラブルを避ける為にも皮膚科に通った方が安心・安全ですね。

 

勿論第三医薬品でも薄くする事は出来ます。ただし、こちらも化粧品同様に継続させない事にはなかなか改善が見られない上、長期戦になる事を心しておきましょう。

 

そもそもシミ自体が肌深層に起きるトラブルです。だからこそ、薄くするにはそれだけ時間がかかってしまいます。

 

また、シミが出来てしまう事自体老化をしている証拠です。

 

血液循環が衰え新陳代謝が低下しているので健康的な肌を取り返す為にも、やはり食事・睡眠などの生活習慣を見直す事も大前提だと言えます。

 

これから同じ過ちをしない為に、これ以上濃くしない為にすべき事

注意すること

1度痛い目に遭えば、「これからは用心しよう」と誰もが考えるものですが具体的にどんな事を実践すれば良いのでしょうか? その対策手段とこれ以上シミを濃くしない為に出来る事は…

  1. UVクリームの徹底
  2. 物理的防御
  3. 焼いてしまったらすぐ冷やす事で二次被害を防ぐ

この3つの事だけは忘れないようにしましょう。

 

UVクリームの徹底|UVクリームは春夏秋冬を問わず

 

UVクリームがドラッグストアに並んでいる季節が春夏に多いからこそ、潜在的に誰もがこの時期だけは気をつけようと考えるものです。

 

それに天気予報で紫外線情報が放送されるのは春夏が中心。秋冬と言えば、乾燥の方が目立つ事から気温と湿度の低さついてが多く、紫外線の話題は触れないものです。

 

ですが、紫外線って1年を通して地上に降り注いでいるものですからね。この事実だけは忘れてはいけません。

 

夏は紫外線が強いからこそビーチで日焼けをするのは当たり前ですが、冬にゲレンデに行けば雪焼けをしてしまう事もありますからね。これが何よりも証拠と言えますね。

 

太陽に近い山頂付近にいて雪原の乱反射によって雪焼けは起きるのでここまで焼ける条件は確かに冬場はゲレンデでも行かない限り起きないものですが、それでも晴れた日には弱い紫外線が降り注いでいます。

 

シミは潜伏するものです。紫外線によるダメージの蓄積が大きな要因になるからこそ、通年を通して用心しましょう。

 

生活紫外線を防ぐにはどれくらいのSPFやPAが必要?

日焼け止めクリーム
UVクリームによくあるSPFとPA。SPFが肌を炎症させて、シワ・たるみの原因となるUV-Aを防ぎ、PAが肌を黒くさせるシミの原因となるUV-Bを防ぐ効果がありますね。

 

夏期の外出ともなればSPF50・PA++++程のUVクリームを使うものですが、普段日常を生活する上でUVクリームやUV化粧下地に必要なSPFとPAを知りたいところですよね。

 

基本的には日常紫外線を防ぐにはSPF35が基準となりますが、PAは複数の専門家で+1〜+3と答えも違うので、多めに見積もって+++程と考えて選んだ方が良いと言えます。

 

またUVクリームって、ウォータープルーフだとしても皮脂には弱く意外と落ちやすいものです。人間って手のひらと足の裏以外には皮脂腺がありますからね。

 

こまめに塗布し直すように心がけましょう。

 

物理的防御|夏期シーズンは被服でカバーUVアイテムを大活用して

 

秋冬と言えば、気温も下がる事から被服を着込み身体のうっかり焼けをする事はそこまでありませんが、夏期はやはり紫外線が強い上露出も多くなるのでそれだけうっかり焼けのリスクが高いですね。

 

主に忘れがちな場所と言えば首とデコルテ部分です。まして髪の長い女性ですとアップスタイルにする事もあるので用心しましょう。

 

確かにUVクリームでカバーする方法は賢明ですが、それでも不安といった場合はUVカーディガンやストールを用いる他、涼やかに被服でカバーする事を忘れないで下さい。

 

焼いてしまったらすぐ冷やす事で二次被害を防ぐ|日焼けした時はとにかく冷やす事

冷やす
うっかり焼いてしまった! その部分が熱を持って熱い…なんて場合は迅速に冷やす事を絶対に心がけてください。日焼けとは言いますが、火傷と同じです。

 

冷やした場合はやはり治りも早いものですが、放置してしまえば後引いた痛みを持ち跡に残ってしまう事もありますからね。これと同じだと考えればとても分かりやすいでしょう。

 

また痛みを持っている場合は、ただちに病院に行き、医師に診察してもらうようにしましょう。たったこれだけの事ですが、その後のトラブルも回避出来る上、シミへのリスクを僅かに減らす事が出来ます。

 

まとめ夏期だけじゃない、一番気をつけるのは春と秋

 

夏期と言えば、やはり紫外線が強い事から誰もが用心するものですが、本当に一番うっかり焼けをやらかす時期と言えば、春と秋が多いです。

 

主に5月GWに差し掛かった時期と、10月のぶり返した夏日にやらかしてしまう方って結構多いものです。焼いた後にはもうそれだけシミへのリスクが加算されているものです。

 

そのリスクを緩和させるいかに迅速にアフターケアが行えるか? これでシミ出現までの時間を幾分か延長する事が出来ます。

 

シミは出来てしまってからでは遅いという部分もあります。

 

出来てしまったものを色濃くさせない為にも、やはり日々のケアの重要性を改めて理解出来るものではないでしょうか。